検索
  • kk1010bockm

【頭蓋骨格・顎治療で輪郭を変える】



こんにちは!

約1時間の治療のbefor afterです。


・頸椎運動の左右対称 (斜角筋、胸鎖乳突筋)

・頭蓋骨の縫合部

・顎関節の運動に関与する筋肉

・三叉神経の活性化  にアプローチ。



噛み合わせや、下顎の動き、左右非対称な顎関節運動、顔面骨格を出来る限り対称に近づける。


モデルの方の場合、右側頭筋前部と咬筋の短縮により眼神経・上顎神経が不活性化、

左側頭筋後部の短縮により下顎神経が不活性化しておりました。

これにより噛み合わせが不均衡となり、頭痛や顎関節症といった症状に発展してしまいます。

その人の日常生活「くせ」、関節運動の固定化が要因となる場合もあります。



頭痛や顎の痛み、噛み合わせが気になる、お顔をスマートに!目をパッチリみせたい!

という方も是非お気軽にご相談ください😊

15回の閲覧

©2020 by コンディショニング&トレーニング。Wix.com で作成されました。